掛川市、袋井市、磐田市の外壁塗装、屋根塗装、防水工事、光触媒塗装のことなら

株式会社 鈴木建装
  • 施工について
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • 工事の流れ
  • 会社情報
  • お問い合せ・お見積り
  • なんで塗装が必要なの?
  • 自然の力でキレイが続く!HYDROTECT
  • 鈴木建装のこだわり
営業地区
静岡県メイン営業エリア:静岡県西部・中部
菊川、掛川、袋井、磐田、天竜、
島田、森町、浜松、など
その他の地域の皆様もご相談下さい。
ホーム > 施工について

施工について

なぜ塗り替えが必要なの?

家は日光に当たり、日々雨や風にさらされています。知らない間にどんどん傷んで、汚れもひどくなっていきます。
そこで家を守るために定期的に塗り替えが必要なのです。

屋根の場合の塗り替え状態の目安について

見た目をきれいにする、という目的もあるかもしれませんがメインは機能的な部分です。
つい見落としがちな「屋根の劣化」。屋根は外壁よりも紫外線や水分に曝される箇所でその分劣化も早くなります。『屋根の変色・サビ』は、雨漏りや陥没の危険性につながります。このようなサインが表れたら早めの塗替えをお勧めします。

屋根は、カラ―ベスト・瓦・トタンなどがあります。最近では、建造物の屋根に塗装することで優れた遮熱効果を発揮する屋根専用の遮熱塗料をお勧めしています。従来の屋根用塗料と比較しますと、熱反射性に優れ、屋根面から屋内への熱の移動を低減させ、室内の温度上昇を抑制します。その結果、冷房費の節約に役立ちます。(もちろん、高耐候性・低汚染性・防カビ・防藻性にも優れています。)

外壁の場合の塗り替え状態の目安について

次に、どのような状態になったら塗り替えが必要なのか、もう少し具体的に見ていきましょう。

手に白い粉が付いてしまう・・・
チョーキング
塗膜が長いあいだ紫外線や雨風に曝されると、触った手に白い粉が付くようになってしまいます。「白亜化」とも呼ばれるこの現象は、塗膜の樹脂分や顔料の変質によるもので、外壁経年劣化のサインとなります。
ひび割れ・・・
クラック
ひとくちに「ひび割れ」と言っても実はその症状により種類が分かれます。塗膜のひび割れ(ヘアクラック)、モルタルのひび割れ(乾燥クラック)など。発生の部位によっては挙動における拡大がみられたり、漏水や腐食の危険となります。
黒いシミや緑色の汚れ・・・
藻・微生物汚染
湿気の多い地域や日当たりの悪い壁面には、緑色の「藻」や黒い「カビ」が発生しがちです。不快感もさることながら、塗膜の保護機能を低下させてしまいます。

塗り替え時期の目安について

実際にはどのくらいのタイミングでメンテナンスが必要なのでしょうか。
使用する塗料によっても違ってきます。

■塗料の耐用年数

アクリル 5~7年
ウレタン 8年~10年
シリコン 10年~15年
フッ素 15年~20年
ガイナ 15年~20年
光触媒 15年~20年

※環境状況(建物の日の当たり方や、風通しがいい場所か、そうでないかなど)により異なってきます。